サイドFIRE | 好きな職業に就ける魔法の方法とスキル

資産形成

好きな仕事に就きたいという願いは大人も子供も同じ様に抱くものではないでしょうか。また保護者であれば、子供たちに心からやりたいと願える職業に将来ついてほしいと思う気持ちもあるのではないでしょうか。

このような願いを叶えることができる方法が一つあるかも知れません。それはサイドFIREという考え方です。

【FIRE】

まずFIREという英語のフレーズは「Financial Independence, Reitre Early」という英語フレーズの頭文字を並べた造語となっています。日本語での意味は「経済的自立、早期引退」となります。

また、FIREでいう経済的自立とは、日々の生活を労働から得た収入によって賄うのではなく、金融資産や不動産収入など、自分が所有している資産からもたらされた収入によって賄っている状態を意味します。また多額な貯金を崩して生活する事もまたFIREしている状態ということもできるという事です。

GAZKID$ではお金の教育の目的を「子供たちが社会と健全な関わりを持ちつつ、経済的に自立し、より豊かな人生を実現できるスキルを身に着ける」と定義していますが、少し極端な考え方かもしれませんが、子供たちがFIREできるような状態を作り上げられることと表現することも間違いではないと考えています。それはお金の教育はそれだけお金についての能力を育むことが可能だからと考えることができているからです。

【サイドFIRE】

実際に「サイドFIRE」を検索すると、その方法や定義は様々あるようです。

しかしながら、FIREが定義する「経済的自立」を手に入れる事を目指す事の方向性は変わりありません。

そしてFIREの目指すところは「早期引退」となり、会社勤めをする中、貯金と資産形成に取り組み、定年退職を待たずに、例えば50代で引退してしまおうという事を目標にしています。

しかし一方で、FIREできる状態ではあっても、社会と接していたい、仕事を通して社会貢献したいという願いもあるかもしれません。それ以外にも引退したくないと感じさせる理由は存在するでしょう。そのような場合、早期引退できる状態ではありつつ、労働を継続するという選択もまた可能になるわけです。

筆者は学生の頃、リゾートバイトを経験しました。夏は沖縄のリゾートホテル、冬は北海道のスキーリゾートで季節のアルバイトをしていた事があります。

とくに筆者は海とスキーが大好きでしたので、夏は沖縄、冬は雪山という生活をずっと続けたいと願ったこともありました。しかしながら、筆者と同じ様な仕事を継続できるのは「家庭を持つまで」というなんとなく暗黙の理解がアルバイトスタッフの中にはあり、やはりそれは現実的な制約でもありました。

しかしながら、沖縄の美しいサンゴ礁の海のそばで生活をする贅沢さや幸福感というものは確かに存在します。また、雪が降り積もった翌朝、新雪を滑り降りる爽快感はやはり他では味わうことができないもののように感じます。

お金は生活を営む為に必要なものです。

当時の筆者含め、リゾートバイトスタッフは、いくら季節バイトを継続させたいと願っていたとしても、人生の局面で徐々に増してくる必要な生活費を工面する為に、季節バイトをやめ、生活費を賄う事ができる仕事を選択するという決断が迫られるのです。

しかしながら、もしFIREしている状態を手に入れることができれば、「経済的な自立」を手に入れているわけですから、労働によって得られる所得に左右されず自由に職業を選ぶことができるようになるのです。

大人になってからの人生は働くことに多くの時間を費やしますが、働くことの目的の一つは「稼ぎ」を得ることです。ですので、より多くの幸福感を手に入れることができる職場を離れ、より稼ぎの良い職場へと移っていくことが必要となる場合もあるのです。

現実は厳しいですね。

しかしながら、お金というのはシンプルな側面もあり、経済的な自立を手に入れる事でお金に左右されることなく、職業や職場を選んだりすることも出来るようになるのです。これもまたお金の本質でもあるのです。

またお金の能力は子供のころから育むことができるのです。お金の教育の目指すゴールは子供たちがFIREできる「金融リテラシー」を育むことであり、究極的にはお金の教育はFIREを手に入れさせてあげることができる教育でもあるのです。

【まとめ】

子供たちに将来やりたいと心から願える職業についてほしいと思う願いを現実に変える為に家庭で取り組む事ができることがあるのです。

お金の教育はお小遣いを「稼ぐ・使う・貯める・運用する」ことに取り組むことで、バランスよくお金に関する能力と知恵を育み、さらには「運用する」事にも早くから取り組み始めることで、資産形成においても「複利と時間」を見方につけ、成功の可能性を高める事が可能になるのです。

GAZKID$では一人でも多くの子供たちが将来FIREできる状態を目指しつつ、サイドFIREの選択肢を手に入れる事が出来るよう、お金の教育に取り組む皆様を精一杯サポートしていきたいと考えております。

補足情報のサイト:
コンテンツサイト:サイドFIRE | 資産収入+労働収入の組み合わせにより生活していくという方法 
コンテンツサイト:FIREと資産形成は夢ではなく人生の取り組み課題となった 
コンテンツサイト:FIREする為に取り組む学習テーマ
note:友達がFIREした話

コメント

タイトルとURLをコピーしました