まもなく6歳と2歳になる長女と次女の老後の為の資産形成を始めました(笑)

投資

まだ6歳と2歳の子供の為に老後の為の資産形成を始めました。唐突ですよね(笑)まだまだ老後まで何十年とあるので老後はピンとこないですからね。

しかしながら、それなりにちゃんとした理由もあるのです。それは、子供たちが社会人になる前の時間も資産形成に有効的に使えるからです。

そうなのです。子供たちが社会人になってから自分たちで資産形成に取り組む前から保護者である我々が資産形成を始めておいてあげれば良いという事なのです。

【投資環境が今と昔では全く違う】

現在は政府の後押しもあり、各証券会社では「少額投資」サービスが充実しています。そもそも株は以前は「単元」という購入時のルールがあり、例えば、100円の株があったとしてもそれを一株ずつ購入することが出来ませんでした。現在は100株が一般的となっていますが、もし100円の株があったとしても、ひと単元購入するとなると、最低でも1万円は必要になります。

例えばユニクロの株を買いたいとなると、2022年8月1日終値では、一株80,020円となっていますが、ユニクロの株は単元が100株です。となると、ユニクロの株を購入したいと考えた場合は、少なくとも800万円の買付余力が必要となるのです。

このような状況だと、株式市場で資産形成に取り組めるのはまとまった資金力がある人達のみが可能となります。

しかしながら現在は証券会社によっては単元未満株(ミニ株)という購入方法を提供してくれているので、1株ずつ購入出来たりするのです。例えばSBI証券であれば、S株と呼びますが、先ほどのユニクロもひと単元100株ではなく、一株ずつ買う事も出来ます。

また、投資信託であれば、金額を決めていくら分買うという事も出来るのです。その為、数万円する投資信託も、100円分だけ買うという事が可能なのです。

このように資金力が低くても毎月1万円程度から株式や投資信託の売買に取り組む事ができるのであれば、選べる銘柄にも選択肢が広がり、資金力に左右されない投資が行えるようになるのです。

【積立投資は時間が味方になる】

子供たちが2歳と6歳となれば、老後まであと60年近くあります。なので、まだまだ先の事で、取り組むタイミングも子供たちが社会人になってからでもいいではないか、と考える事も出来ます。

しかしながら、積立投資は長期化すればするほど、「複利」という力が強く働くのです。そのため、時間が経てば経つほど、資産の増えるスピードがどんどん早くなります。

利回り5%で毎月1万円積立投資をすると、40年では、1500万円弱となります。しかし60年であれば、4550万円となります。20年の差が3000万円の差になるのです。1万円を20年間貯めていても12万円×20年で240万円にしかなりませんね。これが複利という力が時間を味方につける事なのです。

ちなみにもし20%の利回りが打ち出せたら、、、60年でその額なんと、4.7億円になるのです。

利回り20%が現実的な数値かどうかは賛否あると思いますが、貯金しておくよりも運用しておいてあげたほうが、老後の為の資金としては力をつけてくれると考えることが出来ますね。

ちなみに、毎月1万円を60年間貯めると、その金額は720万円になります。12万円×60年という事です。貯金をし続ける方法では資産を形成するという事がなかなか難しいことが分かりますね。

【老後資金は自分で何とかする】

親の仕事は子供たちがしっかりと社会人になるのを導いてあげる事が仕事の一つになるのだと思います。

しかしながら子どもたちが社会人になり、しばらく経てば、必ず向き合わなくてはならない問題に老後の資金問題があります。

このように子供たちがいつかは向き合う日が来るお金の課題に、今の時代だからこそ、保護者は子供の為に少額からでもいいので、資産運用を始めておいてあげるという事も子供たちの為に出来ることの一つになるのではないでしょうか。

筆者はこのように考え、毎月の合計金額で1万円程度の積立投資を設定しておいてあげることにしました。

毎月1万円ですので1年たっても12万円程度なのですが、複利と時間の力を借りることで、40年後、50年後、資産が加速度的に増える時期を迎える時、子供たちは早くから始めてくれて良かったと感じてくれるかもしれません。

ちなみに先ほど、毎月1万円を5%の利回りで積み立てるという計算をしてみましたが、運用期間を60年ではなく80年としたら、毎月1万円の積立投資は1.2億円となっているのです。人生100年と考えても十分に潤沢な老後の資金と言えるのではないでしょうか。私は生きていることはないと思いますが、子供たちが80歳になったときに、私を思い出し、なかなか用意周到な父親だったと私を懐かしんでくれるかもしれませんね。

補足情報のサイト:
外部サイト:積立簡単シミュレーション
メルマガ:1億円貯めなければ老後は困ります、、、
メルマガ:金融教育の大切さを考える(年金受給額と備え)

その他公式SNSのリンクは以下の通りです。ぜひフォローをお願いします!
Facebook: https://www.facebook.com/GAZKIDS-110903858185449
Instagram: https://www.instagram.com/gazkids/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCq7mkemkMi9bYUZecSRgVmA
Twitter: https://twitter.com/gazkids_
LINE: @843kksdz

コメント

タイトルとURLをコピーしました