【衝撃】子どもに投資を教えるとこんなにすごいことが起こる!

メルマガ

お金は人生に欠かせないものですが、学校ではお金のことを教えてくれません。そのため、大人になってもお金の管理や運用が苦手な人が多くいます。しかし、これからの日本社会は更なるインフレ、金利の上昇、そして年金問題など、お金に関する課題が増える事が予想されます。そんな未来を生き抜くためには、お金を賢く使えるスキルが必要となります。

そのスキルを身につける方法の一つが、投資です。

投資とは、自分のお金を増やすために、株式や債券などの有価証券や不動産などに自分のお金を出し入れすることです。投資をすることで、自分のお金がどう動いているかや、世界の経済や社会の動向に関心を持つことができます。

【子どもに投資を教える最適な時期とは?】

では、いつから子どもに投資を学ばせればよいでしょうか?

GAZKID$では子どもの理解力に応じて、小学校高学年から中学生くらいと考えています。これくらいの学齢であれば、投資の基本的な知識や概念を理解できるだけでなく、自分のお年玉やお小遣いの一部を投資に回すことも可能です。また、これくらいから投資を始めると、長期的に見て複利効果(利息が利息を生む現象)の恩恵を受けられます。

【親子で株式投資を始めると子どもの能力がどう発達するか?】

子どもに投資を学ばせるためには、親子で一緒に株式投資を始めてみることがおすすめです。

株式投資とは、企業の所有権(株)を売り買いして利益(配当金や売却益)を得ることです。株式投資では、「何故この企業の株式が上昇したり下落したりするのか?」、「この企業は将来的に成長する可能性があるか?」、「この企業は社会的責任(ESG)や持続可能性(SDGs)へ配慮しているか?」など様々な問題意識や判断力が必要です。

親子で株式投資を始めるメリットは次の通りです。

  • 1.子どもは自分で選んだ企業へ出したお金が増えたり減ったりする様子から感情的・経験的・実践的・体系的・論理的・批判的思考力等の成長機会を得ます。
  • 2.親子間で共通話題・共通目標・共通体験等の機会を得ます。
  • 3.親子間で信頼関係・協調関係を育む機会を得ます。
  • 4.子どもは自分のお金を自分で管理することで、責任感や自立心を育む機会を得ます。

親子で株式投資を始めると、子どもや親子の成長だけでなく、社会への関与も深まります。株式投資は自分の意思や判断で行動することを促します。親子で一緒に楽しく株式投資に挑戦してみましょう。

【子どもと一緒に始める株式投資のステップ】

親子で株式投資を始める方法は、次のような手順になります。

  • 1.まず、親が子どもに投資の基礎知識や用語を教えます。例えば、株式とは何か?配当金とは何か?株価とは何か?などです。
  • 2.次に、親が子どもに興味のある企業や業界を選ばせます。例えば、好きなゲーム会社やアニメ会社などです。その企業の株式がどれくらいの値段で売買されているかや、その企業の強みや弱みは何かなどを調べます。
  • 3.そして、親が子どもに投資するお金の予算を決めさせます。例えば、お年玉で溜まった1万円や5万円などです。もちろん日々の作業タスクで得られたお小遣いでも構いません。決められた予算内で、選んだ企業の株式を何株買うか計算します。
  • 4.最後に、親が子どもと一緒にインターネット証券会社のサイトにアクセスして、実際に株式を購入します。その際、親が未成年口座を開設し、注文方法などを学ぶ必要があります。

親子で株式投資を始める方法は、親が子どもに投資の基礎知識や用語を教え、子どもが興味のある企業や業界を選び、予算内で株式を購入するという手順になります。この方法は、親子で楽しく学びながら、株式投資の魅力やリスクを理解することができます。

親子で株式投資を始めたら、その後は定期的に(例えば週1回や月1回)株価の変動や配当金の支払いなどをチェックしましょう。また、時事ニュースや経済情報なども見てみましょう。それらが自分たちの投資した企業にどんな影響を与えているか考えてみましょう。

【投資で子供の財務教育をする方法とリスク対策】

以上が子供に投資を学ばせる必要性と方法です。お金を賢く使えるようになるという観点から見れば、投資は非常に有益な学びです。しかし、投資にはリスクもあります。株価が下落したり損失が出たりする可能性もあります。そのため、親は子供にリスク管理や損切り(損失が拡大する前に売却すること)の重要性も教える必要があります。

子供に投資を学ばせることは、お金の価値や使い方を教えるだけでなく、将来の資産形成にも役立ちます。しかし、投資は単なるゲームではありません。リスクや損失に対処する方法も知っておく必要があります。親は子供に投資のメリットとデメリットをバランスよく伝えることで、子供の財務教育に貢献できます。

参考情報のサイト:
記事:子どもが投資を勉強するには?親が知っておかなければいけないことも! 
記事:子どもに投資の勉強をさせたい!親子で株式投資を始めるとどうなるか検証します 
記事:子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?
コンテンツサイト:お金の教育に取り組み1年7カ月、中学2年生はタイミング投資にチャレンジしようと考えてます 
note:1歳児と5歳児の証券口座を開設しようと考えた〇〇の可能性 

コメント

タイトルとURLをコピーしました