ABOUT 家庭で始められる「子供の金融教育」

家庭で「稼ぐ」体験は子供の金融教育の第一歩。
夫婦で協力して子供の「稼ぐ」体験をサポート。

01 POINT

お小遣いを「もらう」から「稼ぐ」へ!

GAZKID$で子供の「稼ぐ」体験をスマートにサポート。
面倒なお小遣い計算や手間が掛かる家事手伝いや勉強などのタスク管理は、スマホで一括管理できます。
家族一緒に子供の「稼ぐ」体験に取り組むことができ、経済的自立を目指した「子供の金融教育」を家庭で始められます。

02 POINT

稼ぐ体験を通して金銭感覚が養われる

日々のお小遣いを「稼ぐ」体験で手にしたお金は、子供にとっては初めて手にする「お給料」。
このお給料は子供の金銭感覚の土台を形成します。
コツコツ手に入れたお小遣いを通して、稼いだお金で欲しいものを買う喜びやお金は使ったら無くなるという経験、そしてお金が簡単に増えないということの理解、さらには高いか安いかの判断基準も学ぶことが出来ます。

03 POINT

お金を賢く使おうという感覚が育つ

お金を賢く使おうという感覚が育つ(お金の管理)お金を賢く使えるようになってもらう為に、「お金を稼ぐ」経験と、「お金は使ったら無くなる」という経験を繰り返す必要が有り、子供はその経験値によりお金に対する健全な理解を持つようになります。
そして「お金を貯める」「資産運用」にも学びを広げていくことが出来るようになります。

事前登録はこちらから

WHAT CAN DO GAZKID$ で出来ること

タスク管理のデジタル化

一つではないタスクを忘れずに管理してあげることは意外と面倒で難しいこと。タスク管理をデジタル化し、日々の作業をスマホ一つで簡単に行うことができます。

お小遣いの自動計算機能

一日のお小遣いの合計金額が自動で計算されるので、メモ紙を使った面倒な計算は不要になり、お父さんお母さんの手間が軽減されます。

一週間分のまとめ通知

一週間で取り組んだ子供の「稼ぎ」をまとめて通知します。子供が一週間で「稼いだ」お小遣いの合計が表示されるので、お小遣いの渡しそびれもなくなります。

リアルタイム夫婦間シェア

毎日の子供の取り組みを夫婦で即時シェア出来るので、夫婦で子供の取り組みを見守ってあげられ、共に応援してあげることが出来ます。

自動月間レポート

一か月間で子供が取り組んだことが分かるので、子供の継続力と、そして「稼ぐ力」を再確認できます。

CHANGE 子供の変化

お金に働いてもらいたい、と言うようになったので驚いた。

(中学生のお父さん)

未成年証券口座を開くきっかけになった。

(お父さん)

稼いだお金から毎週600円ずつ投資信託を購入するようになった。

(中学生のお父さん)

買ってもらった1万円のバットを「安い」と言った息子が160円は「高い」と言えるようになった。

(お父さん)

5歳の娘が電子マネーに日々溜まっていく報酬を喜んでいる。
あげる私も娘のタスク達成に嬉しくなる。

(5歳児の娘のパパ)

先日保育園に通う娘と一緒に、コンビニに自分で稼いだお金でお菓子を買いに行った。
次は何を買おうか考えているようだ。

(お父さん)

保育園児ですが、少しずつ溜まっていくお金の金額とコンビニで欲しいお菓子の金額を照らし合わせるのは楽しいし、計算を教えているような気がします。

(お父さん)

バイト経験もない中学1年が「次にお台場行ったときは自分で稼いだお金でユーフォーキャッチャーをやる!」という事を言ったのには驚いた。

(お父さん)

少し前に「投資」の話を息子にしましたが、この間、「(家で)稼いだお金を投資してみたい!」と突然言ったので驚きました!

(お父さん)

朝ご飯を全く食べなかった中学3年の息子が朝ご飯を食べるようになった!

(お母さん)

中一の息子が朝早起きして一日分のスマイルゼミをしっかりやるようになった!
かれこれ6か月続いてます!!!

(お母さん)

お兄ちゃんの取り組みを見て、5歳児と3歳児もお手伝いを始めた。
貯まったお金で週末にチュッパチャップスを二人で買ったりしている。

(お母さん)

CHANGE お父さんお母さんの変化

経済的な感覚を養うことが出来れば大袈裟ですが学歴社会に捕らわれず本人の歩みたい人生キャリアが選択が出来るようになると感じています。

(お父さん)

勉強そのものが好きな子どもではないが、勉強をタスク化することで子どもにやる気を与えてあげられたのは良かった。

(お父さん)

子どもに金融教育を教える為、まずは自分自身を教育しましたが、金融教育は自分の人生においても重要な教育であると感じています。

(お父さん)

お金は使えば無くなるもの。
だからといって使うなというのは違う。
お金に関してのバランスを小さい時から教えてあげるのは大切な事だと感じます。

(お父さん)

お父さんがお小遣いをあげるようになってから、お父さんが子ども達のタスク管理をしてくれるようになりました。
我が家にとっては良い変化です。

(お母さん)

夫婦間で子供達の様子を共有出来るのはとても助かります。
毎日の事をいちいち報告しあう事はなかなか出来ないので。

(お母さん)

タスクの設定は意外と難しく子供に定着しなくて悩んでいたが、GAZKID$のメールを参考に子供に合わせたタスクを設定出来たのは良かった。

(お母さん)

面倒なタスク管理とお小遣い管理がデジタル管理出来るようになってとても楽になった

(お母さん)

子供たちの家での様子がよく分かるようになったのは良かった。
やっぱり子供の事は目を通しますよね。

(お父さん)

お金は私から渡すようにしているので、夫婦で子供の頑張りを見守れている気がします。

(お父さん)

お金は対価を払って得るものという事が体験的に理解出来ているようでとても良いと思います。

(お父さん)

月3,000円程度はお小遣いを稼げるので、月額のゲーム代は全額、そして交際費も半分は自分で出してもらってます。

(お父さん、お母さん)

STORY 開発者秘話

アメリカとイギリスにて、2018年頃から子供に金融教育が出来るサービスが始まり、2021年4月コロナ禍で一気にそのサービスはブレークしました。

同様のサービスを日本でも提供したいと思い、今年4月より試験的にモニターさんに利用してもらい始めたのですが、子供のお小遣いを「稼ぐ」という体験が子供の金銭感覚を養い、最終的には「経済的な自立」が家庭でも教えられる事が分かりました。
海外でブレークするのも分かる、、、というのが正直な印象でした。

現在はWEBサービスの開発中となりますが(2022年4月~7月ローンチ予定)、皆様の事前登録をお待ちしております。

ORIGIN 名前の由来

英語で「超すごいびっくりするくらいのお金持ち」の事を「ガジリオネア(Gazillionaire)」と言います。
この単語はミリオネア(億万長者)やビリオネア(1000億万長者)のような正確な数字の単位は意味しておらず、「超大金持ち」というようなカジュアルな意味合いの表現になります。

GAZKID$(ガズキッズ)は「超すごいびっくりするくらいのお金持ちになる為の金融教育を受けている子供たち」という意味をこめて、Gazillionaireの頭文字3文字とkidsを合わせてGAZKID$と名づけました。

ぜひとも各ご家庭で子供の金融教育にお取り組み頂ければと思います。

REGISTER サービス開始予定と事前登録

サービス開始は2022年4月〜6月頃を予定しています。
現在は事前登録者を募集しています。

1つでも当てはまる方はぜひ事前登録を!

  • 子どもにコツコツ習慣(勉強、習い事)を身につけさせたい。
  • 朝の支度と夜の支度を自分で出来るようになってもらいたい。
  • ご飯をしっかり食べるようになってもらいたい。
  • 自分で使った水筒や食器は自分で洗えるようになってもらいたい。
  • 決まった時間に寝るようになってもらいたい。

事前登録して頂いた方には随時、子供のやる気の出し方や
お金の教育方法に関する情報をメールでお送り致します!

事前登録はこちらから